憧れのオヤジギャグ


プロフィール

みき姐

Author:みき姐
動いてる地域  横浜界隈と青山
同居人      ひろくん
私の性格    たぶん男前
血液型      B型
ひと言     ひろくんに会いたい?







俳句メモ





最近の記事&コメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ(タブ)


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと気分転換にテンプレ変更~っ♪

やっぱ梅雨を楽しく!と思って、
カタツムリ居るけどカワイイのにしてみました。

書きたいネタ・・え?ネタ? 
うん。ネタ。

あるんだけど、また明日以降!
ワールドカップ予選リーグ初戦終わりましたね。
オーストラリア強かったですね。
色々思う事はみんなと一緒です。
会社でも「俺がジーコだったら」と言う声が多々。
でもジーコじゃないし。あなたは。。。。
ヤモウエナイですな。結果は結果。
後はクロアチア戦がんばってもらいまっしょい♪

さて、ひろくんも昨日はプレゼ後の飲み会を
早めに失礼してサッカー前の『トップキャスタ-』に
間に合うようにご帰還。
そう。ひろくんは毎クールのドラマ命なのです。
日曜日から土曜日まで決まっています。
水曜日だけはドラマが薄いのですが、そんな時は
DVDに録ってまだ見てないドラマを見ます。
ついこの週末も、嫁が「チャングム」見れなかったので
録っていたものをひろくんより先に見てしまったのです。
ひろくんチャングムはいいかなぁ~と思って聞いた所
「え!?見るよっ!!なんでよ。消すなんてさぁ~」

ほぉ。消極的だったチャングムまで見るとは・・・。
だから我が家は衛星放送やらケーブルテレビやらは
今の所必要ありません。
これ以上チャンネル増えても見れませんもん・・・
と、未だに衛星放送が見れない負け惜しみ(笑)。

ところで、前述のプレゼ後の飲み会でのお話。

ひろくんは上司やら部下やら社内他部署やらの
沢山の人たちにまぎれて出席していました。
あー見えてよく食べるひろくんは、
周りの人との話もソコソコに食い気に走ってました。
すると、ひろくんの上司が話し出しました。
「あの時はオレもキレてさぁ!コイツ何言い出すんだっ!
 って思ったさぁ。でね、コイツ!のコって言いそうに
 なったトコでさぁ、アイツが出て来てさぁ。
 アイツはあれだな。オレよりキレ易いよな。
 でもさぁ、その後に彼女が出て来たのには驚いた。
 確かに短気だけどさぁ。オレよりキレ易いな。彼女も。」

ひろくん口いっぱいに唐揚げを頬張りつつ
フムフム頷いていた所、

続きを読む>>

その上司、冬眠前のハムスターのごとく膨らんだ頬の
ひろくんを見つけて、
「そーだよ。そん時だよ。あの時。そーそー。
 キミがさぁ話しに入って来てくれてさぁ。
 だからオレ、コイツの”コ ”でやめたわけ。
 キミはさぁホントにキレないよね。いつも。」

話しが自分に振られているにもかかわらず
黙々と食べつづけるひろくん。

「キミはさぁキレる事ってないの? 
 ホント不思議だよなぁ。頭来ない?
 あのさぁ言い方だよ。あの野郎の。」

ひろくん「モグモグモグ・・・」

上司「やっぱりさぁ。冷静ってゆーの?
 必要なんだよ。あーいう場で。特に。
 すごいよ。すごい!」

ひろくん「パクパクグビグビ

上司「キレる事ない?ホントに?」

ひろくん「ゴックン。いやぁ満腹満腹
 あ、キレないですね。僕をキレさせたらタイシタモンです」

自然に。あくまで自然に。
特にコリッキーを狙ったわけでもなんでもないです(苦笑)。

「怒ってもしょーがないでしょ。みんなで怒っても。
 それにボクは怒らないですから。
 怒っている人見ると、なあ~んでこんな目ぇ三角に
 しちゃってるんだろ?って思う方で・・・パクパク・・」
と、また食欲に負けてお食事タイム。

そんなにキレないのって不思議?って聞かれた嫁は
うーーーーーーん、不思議っちゃー不思議だけども
よく運転しながらキレてるけど?と思ったものです。

それと、上司の方。

何を聞かれても何を話しててもパクパクモグモグの
ひろくんにキレなかったアナタも相当辛抱強いと
嫁は思いますわ(爆)

大丈夫?

今朝ね、ひろくんと嫁はいつものごとく
最寄駅までの10分ほどをひたすら歩いていました。

あ、最寄駅近く、R16に差し掛かるまでは
なるべくひろくんを見ないようにしてます。

何故か??

以前書いたけども
『通勤途中のデューク更家』に変身するからね。
その姿が目に入ろうものなら、R16手前の
我が家通称『心臓破りの坂』を上り切れないっっっ
だからその手前の嫁通称『油断大敵な川沿い平地』からは
ひろくんの事を見ないのです

今朝、我が家通称『心臓破りの坂』になる前の
嫁通称『油断大敵な川沿い平地』で、出来た嫁にしては珍しく
足がコキッとなったのです。分かる? 
コキッと・・クキッと・・カクンッと・・・ん~・・。

後ろから歩いて来るひろくんは、嫁がカクッとなるのを見て
クフフッと笑います。
「朝から面白い事やってるねぇ~
 コントかと思っちゃった
嫁は足首をグルグル回しながら言いました。
「あのさぁ~、クフフじゃないでしょ。クフフじゃ。
 普通は 大丈夫? とか聞くでしょ。」

ね!! みんなもそう思うでしょ

「そーですねっ」by皆さんの声。

納得していない顔のひろくんと
足首グルグルをして足首の関節をポキッとならした嫁は
またナニゴトもなかったように歩きます。

そしていよいよ『心臓破りの坂』に差し掛かり
そろそろ佳境に入ろうかという時。
=嫁の足グキ事件もひろくんのオモシロ発言も忘れた頃。
=前傾姿勢を取り、まさに目の前の強敵『心臓破りの坂』に
 本気モードで取り組もうか というその時。

          「 だいじょーーーぶぅーーーーーぅっ? 」

梅雨前の湿った風に乗って聞こえた 小声
思わず禁断の『坂途中の振り返り』に挑戦してしまう嫁。
そして、してはならない問いかけを・・・・・
「ん?何?どした?」
ひろくんキョトンとかわいい子のフリな笑顔で
「だって、さっき言われたもん。大丈夫?って言えって・・・」

   ・・いつの話やねん・・

今が勝負の坂だと言う事も忘れ
「さっきでしょ。さっき。言うなら。言ってくれるなら。
 今じゃないでしょ。でしょでしょでしょ。何か・・・・と・・・
 思え・・・・・・ば・・・
フト見れば坂はもうひとフンバリが必要な最終コーナー
う~ぅ酸素をくでぇ~! 息が続かないぃ~!!

やっとの事でR16に辿り着いたものの、
今日の夏日と重なって、いつもの10倍は疲れた嫁でした。

   教訓 : 自分でたてた誓いは守るべし 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。